どうも、エゾクエの「しかまる」です

今回は定山渓で夏休みの子供と遊ぶ旅で食べたカレーをご紹介

お邪魔したのは「温泉食堂(ONSEN食堂)」さん

6

ここ温泉食堂を選んだ理由としては、シンプルに立ち寄った温泉施設内にあったからだ

ただ、ここ温泉食堂は札幌の人なら知る人ぞ知る人気店で、一般的な施設内の食堂とは違い本格的なナンカレーが食べられる

・地図
14
今回はお風呂のついでにそのままここで食事をすることに


※観光・グルメの取材依頼、お仕事、旅のプラン相談はこちらから※




【まずは豊平峡温泉でゆっくりと汗を流す】


カレーを食べる前にまずは、元々の目的である温泉に浸かることに

この日は夏休みで、なおかつサファリでしっかりと遊んできたので、まずはその汗をしっかりと流したい

ここ豊平峡温泉は温泉自体も有名で、日本でも数少ない源泉100%かけ流しのお湯に浸かることができる

2

それは中に入ってみるだけで、一般的な温泉施設との違いがわかる

4

また、露天風呂もなんと入浴人数が200人と日本最大級を誇り、山に囲まれた広大な景色を眺めながら浸かることができるので最高だ

5

ただ、夏はアブがいっぱい飛んでいるのでなかなか入りづらい

ということで、源泉かけ流しでしっかりと汗を流して次なる目的のカレーへ

【なぜカレー?「温泉食堂」で現地人が作る本場のナンカレーを食べてみた】


風呂上りでさっぱりとした後は、そのまま1階にある食堂へ

お目当てはもちろんナンカレー

ここで1つ疑問なのは温泉なのになぜナンカレー?

という疑問だ

それも普通のカレーライスならわかるが、本場のナンカレーだからだ

その理由については、どうやら豊平峡温泉を経営している社長が、もともとカレーのお店をやっていたからだそう

それで豊平峡温泉を継ぐ際に、そのまま温泉施設にカレーを持ってきたわけだ

この温泉とナンカレーという決して交わりそうにない組み合わせも、豊平峡温泉の人気の秘密なのかもしれない

で、今回は

・香味チキンカレー
・キーマカレー
・チーズナン

の3つを注文!

ちなみに、カレーを注文するとデフォルトで「プレーンナン」が付いてくるが、それ以外のチーズやチャーシューのナンなどは別途注文する必要がある

そして来たのがこちら

7

ぼくが香味チキンカレーで、子供がキーマカレー

あとは子供チョイスのチーズナン

8

さっそく香味チキンカレーから食べてみる

この香味チキンカレーは期間限定のカレーで、炭火で焼いた鶏が入っているチキンカレーだ

10

そのためカレーにも炭火の良い香りが移っていて、ちょっと違った味わいのチキンカレーになっている

チキンもしっかりと柔らかくておいしい(*´Д`)

また、ベースのカレールーも非常においしく、5段階中4の辛さを選んでいたのでピリッと辛い刺激が伝わってくるのがまた良い

ただ、辛いモノ好きなぼくには4でもまだまだ足りなかったので、もっと上げても良いかなと思った

辛さ0で注文した子供のカレーがすごく甘みがあったので、おそらくルー自体に甘みが出ているため、そこまで辛さが気にならなかったというのもあるだろう

12 (2)

なお、店員さんに言えば辛みを足すスパイスを追加でくれる

また、子供がチョイスしたチーズナンも食べてみたけど、チーズがたっぷりと入っていてかなりうまかった

とろ~りとしたチーズが入ったナンはそのまま食べてもうまいし、カレーとの相性も抜群!

ただ、デフォルトで付いてくるプレーンナンもかなり大きいので、追加で頼む場合は少しお腹との相談もした方が良いかも

9

できればシェアできると良いけど、プレーンナンだけでもかなりのボリュームがあるためご注意を

ということで、ごちそうさん

なお、この食堂ではカレー以外にも、蕎麦やジンギスカンを食べることもできる

【定山渓豊平峡「温泉食堂」のメニューと値段】


※一部省略あり※

■カレー

ポークカリー980円
ラムカリー1,000円
チキンカリー900円
ベジタブルカリー900円
ナスとトマトのカリー900円
キーマカリー980円
コラーゲンキーマカリー900円
シーフードカリー1,000円
ホタテカレー900円
チキンマクハンワラ980円
チキンマサラ980円
ダルカリー 〜豆のヴィーガンカリー900円
ドーキシミキカリー1,400円
豊平峡スペシャル2,600円

■ナン

ナンのみ330円
おかわりナン250円
チャーシューナン450円
ハスカップナン450円
アンナン450円
モモチャ450円
キーマクルチャ450円
チーズクルチャ480円
ピタナン530円
ターバン650円
タンドリーチキン450円
タンドリーセット650円
チキンティッカ550円
スペアリブ680円
野菜サラダ350円
ライタ450円

■その他

蕎麦
ジンギスカン

※カレー以外にも別途蕎麦やジンギスカンのメニューもあり


【定山渓豊平峡「温泉食堂」の基本情報(住所、駐車場、営業時間)】


・場所とアクセス
14
住所:〒061-2301 北海道札幌市南区定山渓608−2 豊平峡温泉

札幌中心部からは車で30分~1時間ほどの場所にある

札幌駅から豊平峡温泉行のバスが出ていて、交通機関で直接アクセスすることも可能

・駐車場

駐車場は温泉施設ということもあり、かなりの台数を停めることができる

ただ、混んでいる場合は停めづらいこともあるかもしれない

・営業時間

11時~21時
定休日:不定休

(要お店に確認を)

・その他

電話番号:011-598-2410
予算:900円~
席数:97席(屋内52席、屋根付きテラス45席)
その他: 駐車場有、子供向けカレーもあり


【定山渓豊平峡の「温泉食堂」の口コミ】


・インド人が作るカレー、絶品です。
日本人のお口に合わせて作られている感じ。辛さは激辛でも十分美味しく適度な刺激。見た目よりボリュームもあり、このお値段なら人気が出るのも分かります。

・三種のカレーも勿論美味しかったですが、こちらはナンが特に美味しいですね。
あと、蕎麦も旨いです。皆様も是非。

・インド人の方が作る本格カレー、日本人の好みに合わせてある感じで、辛さも程良くとても美味しかったです。
ナンも焼きたてでした。 今回はメニューには載っていない期間限定のカレーをいただきました。季節ごとに特別メニューがあるなら、年に何回も着たくなりますね!

・11時半に行ったがめっちゃ並んでる。
温泉の並びかと思ったら食堂待ち。これは期待が高まる。 南アジア系の人が忙しそうに作ってる温泉とのミスマッチ感そばとかも食べれるが、皆カレー食べてる。 期間限定ぽかった香味チキンカレーを注文。 呼ばれたら取りに行く形。座敷席もあり景色はいい 正座でインドカレーははじめてだ。 スパイスがかなり効いてルーはいい味してる。チキンはタンドリーチキンがゴロゴロ入ってた。

・今回は、「豊平峡スペシャル」と「チーズナン」を注文。
ナンはモチモチしていてとても美味しく、食べ応えもあります。スペシャルは色々な味を楽しめますが、全てが自分の口に合うとは限りませんね。

【まとめ】


今回は定山渓豊平峡の温泉食堂にお邪魔したけど、本場の本格的なカレーとナンが食べられてよかった

温泉食堂は豊平峡温泉の施設内にあって、温泉なのに現地の人が作る本格カレーを食べられるのは面白い

カレーもしっかりとおいしくて、また一緒に食べるナンも非常に大きく食べ応えがある

ぜひ温泉とカレーの両方を楽しんでもらいたい

ということで、気になった方はぜひ足を運んでみてね

ではまた!

■関連記事■
【観光】小学生の子供と夏休みに定山渓のサファリと日帰りプールで遊んでみた

※観光・グルメの取材依頼、お仕事、旅のプラン相談はこちらから※